Vtuber

渋谷ハジメが壺ガチ勢すぎる!!問題発言で炎上!?中の人まで徹底調査!

この記事は約 6 分で読めます。

今回ご紹介する方は、

バーチャルユーチューバー

いわゆるVtuberですね。

 

渋谷ハジメ」さんです!

 

大人気Vtuberグループ

にじさんじの一期生

唯一黒一点男の方

 

にじさんじといえば

今絶賛話題沸騰の

Vtuberグループであり、

その名を知らない人が少ないほど

世間に知れ渡ってきてますよね。

 

にじさんじメンバー一覧↓

月ノ美兎についてはこちら

静凛についてはこちら

樋口楓についてはこちら

勇気ちひろについてはこちら

エルフのえるについてはこちら

モイラ様についてはこちら

鈴谷アキについてはこちら

剣持刀也についてはこちら

鈴鹿詩子についてはこちら

宇志海いちごについてはこちら

夕陽リリについてはこちら

家長むぎについてはこちら

物述有栖についてはこちら

文野環についてはこちら

 

今回はそんな渋谷ハジメさんについて

徹底調査をしていきたいと思います!

 

まずは渋谷ハジメさんを

知らない人のために

渋谷ハジメさんは一体どんな人なのか?

軽く説明していこうと思います。

 

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

渋谷ハジメってどんな人?

 

現在、大学2年生であり

にじさんじ1期生の中では

最年長モイラ様に次ぐ

年長者となっています。

 

性格は非常に

ネガティブであり、

よく家に引きこもっており

人と話すのが苦手。

 

これらを克服しようと奮起し、

実況動画を配信している。

 

アニメやゲームが好きで

さらにはグッズも集めるという

まさに典型的なオタク。

 

と、ここまでが

公式設定となっています。

 

初配信で壺おじさんこと

Getting Over It with Bennett Foddy

これが彼の運命を決めるといっても

過言ではない配信だったのです。

渋谷ハジメが壺ガチ勢!?

壺おじさんといえば

多くの数のYoutuberやVtuber達が

難解な登山に苦しめられ

あえなくゲームを辞めていったのです、が

 

渋谷ハジメさんは

配信終了間際に

「今日の壺おじさんはここまで」

という発言直後、

なんと自ら下山を始めるという

狂気に満ちた行動を実行。

あれだけ登るのがキツイゲームを

自ら下山し、さらに

もう一度スタート地点から始めようなんて

まさに狂気の沙汰…

 

この渋谷ハジメの行動に

多くの視聴者が困惑。

「壺おじさんのヤベーやつ」

謎のあだ名が次々と登場。

 

渋谷ハジメ自身は

この壺おじゲームを、

わずか15分でクリアしたと

豪語しており、ゲームに対する

やり込み具合を遺憾無く発揮した。

 

他のVtuber達が壺配信をしていると

唐突に配信に現れ、

助言や応援をしている姿が

度々目撃されています。

 

自身の生放送中に、

別のVtuberが壺配信を

行なっている現状を我慢できず

生放送中にもかかわらず視聴

 

ちなみに同じく1期生メンバー

モイラ様にも「神ゲー」と称し

このゲームを推奨しており、

モイラ様を壺への闇(?)へと誘った。

 

以上の事から、

「壺商人」という

あだ名が定着。

 

「壺=渋谷ハジメ」という

謎の定義まで飛び出す始末。

 

さらに壺への愛は

これだけでは留まらず、

「お絵かきをします」と題した

生放送のアーカイブサムネイルが

なぜか壺おじさんの画像。

 

ホラーゲームで身も心も

ボロボロになったため、

精神を癒すために登山を開始。

 

苦行の末に壺おじさんを

ゴールに導きクリアの歓喜に浸るも、

公開NGである山頂に入らず

迷いなく下山を選択。

 

改めてクリアを目指すため

単独で2週目の壺おじさんを開始する。

 

ほかにも渋谷ハジメさんは、

壺おじさん登山テクニックを

解説する動画などを投稿しています。

登山回数は少なくとも

軽く20回を超えており、

平均登頂時間は約20分という

驚異的な数値を披露。

 

まさに壺ガチ勢である。

 

そんな渋谷ハジメさん、

見た目はとても温厚で

真面目な印象を受ける彼ですが、

実は意外な面を持ち合わせているんです…

 

渋谷ハジメの別存在「渋谷オワリ」

渋谷ハジメさんは裏存在、

渋谷オワリさんという

別の人格を持っていたんです。

 

低音でイケボであり、

性格は温厚で大人しめな

渋谷ハジメとは真逆

高圧的で強気な性格。

 

壺やFPSゲームの最中などに顔を出し、

「クソゲーじゃねぇか!」

罵る事もしばしば。

 

渋谷ハジメとは違い、

壺ゲーは苦手な様子。

甘いものが大好物である。

 

しかし案外仲間想いで面倒見がよく、

常識人で苦労人という

ポジションになりつつある。

 

渋谷ハジメ自身では制御出来ないため、

ゲームへの熱意などを感じる際に

唐突に裏人格が顔を出す事もある。

 

実は本人のさじ加減で

出てきてると言ってはいけない。

渋谷ハジメがついに壺と化す

そんな壺商人、や壺芸人など

壺に関する発言やゲームに

関連付けられてたい渋谷ハジメさんですが、

 

ついに自身を壺と化す事に成功(?)

フォロワーやリスナー達を

混乱の渦に陥れました。

実際は4月1日の

エイプリルフールネタ

だったようですが、

 

「いつものハジメくんですね」

「転生というか真の姿では?」

というコメントが殺到し

ネタがガチに変わりそうな瞬間

となりそうでしたw

スポンサーリンク

渋谷ハジメが問題発言で炎上!?

そんな渋谷ハジメさんですが、

実は生放送中に不本意な発言で

やらかしてしまったため

炎上してしまったようです。

 

きっかけとなったのは

同じにじさんじメンバー

月ノ美兎さんとのコラボ生放送にて

「この勢いで四天王喰い殺す感じなのかな?」

と発言してしまった事。

 

四天王といえば

容易に想像できるのが

Vtuber四天王ですよね。

バーチャルYotuber四天王とは?

キズナアイ、輝夜月、ミライアカリ、電脳少女youtuberシロ、バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさんの5人を指す総称。

2017年12月時点における大手バーチャルYouTuberの5人であり、中でも最もキャリアが長く登録者数も多いキズナアイを親分とし、他の4人を四天王と位置付けている。 
pixiv以外では、五大老や常任理事国などの呼称もある。 

キズナアイさんについてはこちら

輝夜月さんについてはこちら

ミライアカリさんについてはこちら

電脳少女youtuberシロさんについてはこちら

バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさんについてはこちら

この発言に対し月ノ美兎さんは

「いや別にそんな野心無いですからw」

と軽く遇らっていましたが、

これを見ていたリスナーや

ファン達から批判が殺到。

本人はこの事を重く受け止めており、

動画のアーカイブを削除。

自身のTwitterにて

謝罪文と共に、

深く反省する姿を見せました。

たびたびにじさんじメンバーからは

失言や失態などについての

謝罪文ツイートなどが見られますが、

配信している中の人は

あくまでも一般公募から選ばれた一般人ですし、

こういった失言が出てしまうのも

致し方ないのかなと

思ってしまいますね。

 

スポンサーリンク

渋谷ハジメの中の人について

さて気になるであろう

中の人問題についてです。

 

ネット上などでは

声優を雇っている可能性

視野されていましたが、

果たして本当なのでしょうか?

 

にじさんじは一般公募から

中の人を募っており、

声優を使っている事が少ないため

一般人である可能性は高いです。

 

 

しかし、渋谷ハジメさんは

配信方法などを他のメンバーに教えたり

かなり配信慣れしている事も加えて

実況などの配信者である可能性は

大いにあると言えます。

 

年齢に関しては本人のTwitterにて

「バイトから帰還」などの発言から伺えるように、

20代前半なのではないかな?

と思えますね。

 

が、残念ながら今現在

中の人については非公開となっており

これ以上の情報を集める事は

できませんでした。

 

詳しい情報が入り次第、

リアルタイムで更新していこうと思います。

 

まとめ

今回はVtuber

渋谷ハジメさんについて

まとめてみました。

いかがだったでしょうか?

 

今回の徹底調査で判明したのは

・壺と言われる所以

・炎上の噂の真相

・中の人について

大きく分けるとこの3つです。

 

ゲームの腕前もさる事ながら

積極的にコラボ活動なんかも

行なっている所をみると、

にじさんじいち行動力のある人物

なのではないかな?と思います。

 

全体的に見れば動画投稿も多めですし、

今後ももっと活動の場を広げて

その名を轟かせて言ってほしいですね!

 

今後の渋谷ハジメさんの活動に

より一層期待しましょう!

 

他のVtuberについて

詳しく知りたい方はこちら↓

ばあちゃるさんについてはこちら

ときのそらさんについてはこちら

富士葵さんについてはこちら

猫宮ひなたさんについてはこちら

鳩羽つぐさんについてはこちら

薬袋カルテさんについてはこちら

カフェ野ゾンビ子さんについてはこちら

夢咲楓さんについてはこちら

スポンサーリンク

RELATED POST