この記事は約 2 分で読めます。

ryuuyobi-imperial

現在あまり使われなくなった

ディスカードドラゴンですが、今日は

新たな発見があったので、記事にしてみました!

 

どんな発見かという、

インペリアルドラグーンに竜呼びの笛が相性が良い!

ということです。

 

 

基本的にはディスカードドラゴンの動き

で戦うのですが、竜呼びの笛があることに

より、かなり安定しました。

 

今日はそんな竜呼びディスカードドラゴン

紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

デッキ構成


imp-ryuu2

ブレイジングブレス 3

光の道筋 3

新たなる運命 3

荒牙の竜少女 3

煌牙の戦士・キット 3

竜の託宣 3

竜の伝令 2

ドラゴニューフェスト 3

竜巫女の儀式 3

竜呼びの笛 2

ウリエル 2

ドラゴンウォーリア 2

ジークフリード 2

輝石のドラゴン 3

インペリアルドラグーン 3

スポンサーリンク

 

戦い方についてまとめ

立ち回り基礎

基本的な戦い方はディスカードドラゴンです。

※ディスカードドラゴンの戦い方が知りたい方は下記。

【シャドバ】インペリアルドラグーンのドラゴンデッキが強い!レシピも紹介

 

このデッキの構成として、5コスト以上は

インペリアルドラグーンのみとなります。

この構成により、下記のメリットがあります。

 

・伝令でインペリアルドラグーンを確定ピック。

・低コストが大量なため、竜呼びの笛が機能する。

・勝ちパターンがかなり増える。

 

デメリットはもちろん、5コスト以上の

フォロワーを入れられないところです。

フォルテや竜騎兵が構成の対象から外れます。

 

ですが、デメリットよりメリットの方が

大きいように感じますので、竜呼びの笛を

採用しています。

 

インペリアルドラグーンがかぶってしまっても、

その後竜呼びの笛があれば、かなりの確率で

押し切れますので、事故率が低いです。

 

序盤戦1〜4pp

基本的に耐久です。

ブレイジングブレスや、

ドラゴンニューフェストで敵を

除去しつつ、竜巫女の儀式が出せると

ベストです!

後攻なら4ターン目はドラゴンウォーリアで

除去が理想ですが、

荒牙の竜少女+新たなる運命

のコンボ等も決めたいですね!

 

 

中盤戦4〜6pp

8ppに向けて、

伝令でインペリアルドラグーンをピック

しておきたいです。

ここでも基本は耐久がメインとなります。

 

 

終盤戦7〜10pp

7pp時やることが少ないのが

インペリアルドラグーンの

弱点でもあったのですが、

竜呼びの笛が手札にあれば、

ほぼ確実に竜呼び後4ppを消費し、

2体のヘルフレイムドラゴンを

展開できます。

 

これが出来た次のターンに、

インペリアルドラグーンを決められると

かなり理想的です。

 

終盤あまり役に立たない3pp以下のカードが

全てヘルフレイムドラゴンに変化してくれる

ため、ここで押し切ります。

 

まとめ

AAランク帯でもかなり勝利することが出来ました。

インペリアルドラグーンは対策しづらいデッキの

一つだと思いますので、現在の評価ほど

弱いデッキではないと思います。

 

皆さんもぜひ使ってみてください!

スポンサーリンク