この記事は約 2 分で読めます。

春麗使いになるべく重要項目3点の確認。

・コンボの締めをスピバで締める事。

・低空百烈ができる事。

・基本セットプレイを3つ以上できる事。

の内、僕が教えておきたい3選のセットプレイについて書いていきたいと思います。僕が実践で使ってみて使える!と思ったセットプレイです。

スポンサーリンク

最初におすすめの初歩セットプレイ3種類。

・小足対空からの表裏。

・スピバ締めからの起き攻め。

・CAからの表裏。

まずは一番使う小足対空からの表裏です。

相手のジャンプ攻撃をほぼ安定して落とす事ができる小足対空の後は、表裏の2択をかけましょう。

小足で落とした後前ステで裏、微歩きで表となります。

相手にとっては見づらい表裏なので、バレるまではずっとステップで裏回りでOKだと思います。

中級者以上になってくると、『知ってるよ。』と言わんばかりにちゃんとガードしてくるので、裏回りができるギリギリのタイミングでステップを踏むと、どっちにいるかさらに分かりづらくなると思いますのでオススメです。

ちなみに難点は自分もどっちにいるかわかりませんwそれからステップが遅すぎると小技暴れに負けます。

次にスピバ締めからの起き攻めについてです。

一番使用頻度の高いコンボの締め方となりますので、このセットプレイの出来で大きく強さに差が出ると思います。

スピバ締め後その場受身に対しては最速前ステ×2で+2Fとなりますので、発生5F以内の技であれば何でも重ねられます。投げもOKです。

後ろ受身をされた場合は最速前ステ×2で+7Fとなりますので発勁がピッタリ重なります。低空百烈などでも良いです。密着状態にならないので歩かないと投げは重なりません。歩いて良い猶予は5F以内なのでかなりムズイです。

画面中央での、スピバ締め後の両対応は多分ないと思いますので、ステップ2回の間に相手の起き上がりをガン見してください。その場ならコパ、コア、投げ。後ろなら発勁や低空百烈。

画面端の場合はステップ→小足→発勁が両受身に対応します。持続当てになるのでガードさせてかなり有利が取れます。ヒットで中足コンボ、カウンターでEX百烈、もしくは元k。対の選択肢は基本は投げ、もしくはステップ→垂直低空。

最後にCAから表裏のセットプレイです。

これはCA終了後、最速でVスキルを使うと中kなら裏、2中kなら表、の2択を迫れます。ちなみに昇竜拳もすかります。画面端の場合はさらに強く、受身には最速中kでめくり当て表落ち、中kを遅らせて当てればめくり当て裏落ち。受身を取らない場合は裏落ちから6大kで表に戻ってきても有利が取れます。

※リュウは心眼、春麗はEXスピバ等一部キャラには無効。なかなか強いセットプレイですので覚えておくと良いと思います。

その他

上記の3つ以外にも、

・空投げから6大kが持続当て、

投げからのステップで±0F

EX百烈後のVスキルでその場受け身に表裏。

などたくさんのセットプレイがあり、相手のガードを揺さぶる事ができます。このゲームの強さとしてかなり重要な、攻めのバリエーションを増やしましょう。

3項目終えて

この記事で春麗使いになるための3項目が終わりました。僕が練習した事などを書いてみましたが、おそらくこれが全てできる頃にはかなり勝てるようになるとおもいます。

これを書いているのは2016年の8月ですが、その時点でのGOLD〜ULTRA GOLDくらいにはなれると思います。ちなみに僕の持っている最高LPのアカウントはPLATINAです。もう少しでSUPER PLATINAになるくらいです。僕ももう少し頑張ってセットプレイを覚えたいと思います。

それでは!

スポンサーリンク