実は私もミカをサブキャラとして使用しているんですが、このキャラ。。。マジで強いっす。ふ〜どミカがいることもあり全体のレベルもかなり高くなっています。やってみた方はわかると思いますが、一度捕まると地獄が待っています。ということで対策をしていきます。

スポンサーリンク

基礎確反まとめ。ガード後確定技

・コア中p(TC)→立コア百烈安定。

・屈大k→大p百烈コンボ(距離問わず)

・ドロップキック(ホールド無)→立コア百烈。(距離問わず)

・立大p→EX百烈安定。

・シューティングピーチ→当たり方でフレームや距離が変わるので、コパ中p百烈。

・EXシューティングピーチ→なんでも確定。

・情熱ロープ打ち切り→なんでも確定。

間合い調整について

とにかく捕まったら終わりぐらいの覚悟で立ち回ることをお勧めします。そのためにもキープしたい間合いは、やはり中距離〜遠距離です。

中p先端から大pの距離、または安全に気功が打てる距離を維持し、牽制と気功でゴリゴリ押していきます。相手を自由に動かしてはいけません。中距離でミカが狙う本命行動は、ドロップキック、飛び、です。他にもステップコマ投げ等ありますが、牽制でほとんど解決します。

間合い管理の上で厄介なドロップキックと飛びですが、この2点の攻略方を書いておきます。

ドロップキック対策

ドロップキックはガードしてしまうと、-2Fの不利を背負うため、打撃とコマ投げで択られます。しかし、ドロップキックは打点が高いため、しゃがみ中kでスカせます。すかした後はフルコンボ確定です。垂直を置いてドロップキックをかわしても良いです。

飛び対策

こちらも結構厄介です。ミカは飛びの軌道をボディプレスで変えることができるので、深めの飛びを小足対空しようとするとボディプレスに負けます。ですがボディプレスはガードすればフルコンボ確定です。しっかり対策を知っていればボディプレスも減ります。

飛ばれてもボディプレスと通常飛びで択られない距離を常に意識。ボディプレスに起動変更できるのは飛びの頂点付近のみなので、ボディプレスされた時に自分に当たらない距離を保つのがベストです。この距離なら小足対空をスカされても有利が取れます。

択られる間合いで飛ばれてしまった場合は空対空!空投げor中p百烈でダメージを取っていきましょう。

間合い調整まとめ

・とにかく近づかない様に立ち回る。

・中間距離をキープ、牽制と気功でダメージを取る。

・ドロップキックや飛びをしっかり処理しながら間合い管理をする。

・守りはかなり弱いので攻められるときに攻めてOK。

スポンサーリンク

セットプレイについて

想定したくないですが、相手に捕まってしまった場合、相手のセットプレイを理解していないとかなりきつい読み合いになります。ミカ側のセットプレイを理解しておくことも守りにおいてかなり重要です。ミカ使いが良くやるセットプレイをまとめてみました。

打撃と投げの2択。

まず理解しておく点は-2Fを背負う状況を作られた場合、ほぼ完全2択をせまられるということです。-2Fになる代表的な場面は下記です。

ブリム(前コマ投げ)後、EX&中ピーチ締め後、ロープから屈大p持続当て後、等。

-2Fの場面での読み合いは下記になりますので覚えておきましょう。

・コマ投げ重ね→バクステ◯ 垂直◎ 屈グラ×

・通常投げ重ね→バクステ◯ 垂直× 屈グラ◯

・垂直ジャンプ→バクステ◯ 垂直△ 屈グラ×

・中p重ね→  バクステ△ 垂直× 屈グラ◯

・小足重ね→  バクステ× 垂直× 屈グラ△

※ミカの小足中pのターゲットコンボの中pは見た目普通の中pっぽいですが、ガード後-4Fありますので立コア百烈確定です。通常投げは垂直でかわせても、そのあとミカの対空が間に合ってしまいます。コパ暴れはほぼ負けとなってしまうため記載しませんでした。中p重ねにバクステで空中食らいです。

上の結果から、バクステが強いのでバクステをめぐる読み合いになると思います。

バクステ対策をしっかりしていないミカに対してはバクステ多めで切り抜けましょう。

バクステ対策が甘いミカですと、小足重ねが小足中pのターゲットコンボだったりします。ガード後きっちり確反を決めましょう。

バクステ対策が対策がきっちりしているミカですと、屈コア立コパ確認からピーチをしてきます。これをしてくるミカにはガードにリターンがあまりなくなってきます。こうなるとバクステかガードの不利な2択をしなくてはいけなくなりますが、ここはしょうがないので、頑張って切り抜けましょう。

表裏の2択。

ナデシコの使用箇所でよくあるのが、屈大pナデシコです。この屈大pをガードした後に、ナデシコを発動された場合はエアプレーンでめくってきます。ガーキャンしてもナデシコをくらい、ジャンプしたらエアプレーンをくらいます。キャラによってはガーキャンの無敵で逃げられますが、春麗は無理です。表裏択なのでどちらかガードしましょう。だいたい裏です。

ちなみにEXスピバでスカせますがタイミングシビアな上、ミスると大ダメージもらい、成功しても相手は被弾しないのでリスクリターンに合ってない気がします。

画面端でリディーミカで浮かされ、屈中pをされた後ナデシコ発動された場合、これも表裏の択です。画面端も絡んでいる連携なので、これをくらってしまうとピヨりまっしぐらです。読み勝ちましょう。これもだいたい裏です。

その他

・ミカの通常投げは特殊で、3種類あります。前投げ、後ろ投げ、しゃがみ投げの3種類です。前投げと後ろ投げという種類は他キャラと同じですが、しゃがみ投げというものがミカにはあり、ガード側がしゃがんでいると前投げがしゃがみ投げに変化します。(※しゃがみ投げはパワーボムっぽいやつ。)前投げと後ろ投げ後は起き攻め不可ですが、しゃがみ投げ後のみ起き攻めが可能となるので注意しましょう。

・リディーミカはガード後、ノックバックが大きいので投げが届かない間合いになりますが、ミカのEXタイフーン(後ろコマ投げ)だけは届きます。ガードした後は、バクステで全て回避できますが、画面端でガードしてしまうと中pとEXタイフーンで択られますので注意しましょう。

セットプレイについてのまとめ

・投げと打撃の2択なのか、表裏の2択なのか、理解することが大事。どちらかわからないと防ぎようがない。

・起き攻め関連はだいたい打撃と投げの2択。

・ナデシコ関連はだいたい表裏の2択。

・しゃがみ投げに注意。

他にもたくさんセットプレイが存在すると思いますが、代表的なやつを上げておきました。ミカは最後まで本当に気の抜けないキャラですが、捕まらないように立ち回ることを心がけ、処理することを心がければ絶対に春麗に分があるので、丁寧に立ち回りましょう。

春使いの皆さんへ!

もし間違った情報など記載していた場合は下記のコメントからお気軽にコメントください。また、他にネタや、良い攻略法をお持ちでしたらそちらもコメントいただけますと幸いです。

スポンサーリンク